古本・中古本

古本・中古本、DVD,BDを高く売るには

 家庭において、大掃除や引っ越しなどで必ずと言っていいほど、出てくる書籍の山。

 トイレットペーパーにするのは昔の話で、ネットで買い取ってもらうのが今のやり方です。

 量にもよりますが、ちょっとした晩御飯代になることもしばしばあります。

 ここでは、古本・中古本やDVD、BDを出来るだけ高く売って多くのお金を得る方法をご紹介します。

古本やDVD、BDを売るにはカテゴリで見極めよう

 書籍を購入する際は、気にせず買われていることも多いかと思いますが、ネットショップに売る際は、書籍のジャンルを理解する必要があります。

 本屋さんの棚で区分けされている、ビジネス、自己啓発、人文・化学、趣味・娯楽といったカテゴリーとほぼ同等ですが、細かく分ける必要はありません。

ビジネス書・自己啓発書

 それなりに売値が高くなるのがビジネス書、自己啓発書の類です。

 またビジネス書や自己啓発書は、所有者のなかでもハードカバー率が高く、ハードカバーであるがゆえにあまり持ち運ばない、つまり状態がキレイな確立が高いことも、ネットショップに査定を出した場合に、高価査定となる確立が高いです。

 ビジネス書 自己啓発書を高く買ってくれるところ >> まとめ売りなら、BUY王(バイキング)

漫画、コミック

 コミック関連は、市場に大量に出回っていることもあって、高価買取対象になっているネットショップは多くありません。

 さらにコミックなどの漫画本は状態が悪いことも多く、買取対象かどうかギリギリ ということも考えられます。

 ほとんどの古本買取りネットショップは、古本買取り査定後のキャンセルに関して、返送料は有料であることが多いので、一旦査定に出したら手放す覚悟も必要です。

 よって、以下の判断でネットショップを選べばよいかと思います。ただし、コミック・漫画はともするとアニメ映画化や続編などでブームが来ることもあるので、ネットショップの公式サイトで、強化買取対象かどうか確認しておきましょう。

査定額はどうでもいいから手放したい >> ブックオフ(詳細ページ:本を売って下さいのブックオフ)もしくはネットオフ(詳細ページ:もうひとつのブックオフ:ネットオフ

全巻揃ってて状態もいい >> BUY王(バイキング)(詳細ページ:まとめ売りキャンペーン多しBUY王(バイキング)

予備校のテキスト・参考書・赤本

 受験が終わり、使い終わった予備校のテキスト、参考書、赤本と言った受験対策の参考書系が売れるのはご存知でした?

 特に赤本はXX年度といったように、情報が古くなるので売れないと思われている方が多いと思います。また、古本買取りで誰もが知っているブックオフ(詳細ページ:本をお売りくださいのブックオフ)は、予備校のテキスト、参考書、赤本の類は買い取らないので、そのイメージが強くなっていると思われます。

 ですが、需要はどこにでもあるもので、予備校テキスト、参考書、赤本の専門業者が存在し、専門業者なら高く買い取ってもらえます。

 実は受験対策系のテキスト、参考書類は絶版した良書が多く、プレミアが付くこともしばしばです。下記の詳細ページに、買い取るもの、買い取れないものを載せていますので、参考にしてください。

予備校テキスト、参考書、赤本の専門買い取り業者 >> 学参プラザ(詳細ページ:予備校テキスト、受験参考書、赤本などを10倍高く売り抜ける方法

DVD、BDなど

 映画ソフトのDVDやBD(ブルーレイディスク)は、値落ちに関しては似たようなものです。

 つまり、発売から値段が下がっていき、そのうち値段がつかなくなるというもの。それに状態(汚れ、破損、キズなど)が減算されて、査定額が出されます。

 ですが、DVDやBD(ブルーレイディスク)は、書籍と違って中身の劣化は起きないので、値段が付く寿命は長いといえるでしょう。

 したがって、DVD、BDを高く売るには、単品で売るよりまとめ売りのキャンペーンを狙うほうが断然お得となります。

 まとめ売りキャンペーンというのは、例えば10点買取り出せば、+10%上乗せ、20点買取りに出せば、+15%上乗せというようにプレミアムが乗って来るキャンペーンです。1つ1つは安くしか売れなくても量で勝負ということですね。

DVD、BDを高く売るショップ >> BUY王(バイキング)(詳細ページ:古本、DVD、BDを10倍高く売る方法:BUY王(バイキング)

一般的に古本を高く売るための知識

 ネットに不慣れ、目の前に古本屋があるんだけど、という方のために、昔ながらの古本屋さんとネット買取りショップへ買取りに持っていく一般的な考え方をご紹介します。

買取りの古本をどう判断しているか

 ネット系は、発行年月日と商品の綺麗さで査定額を判断します。

 街角古本屋の場合は、ほぼ個人経営ですので売れ筋書籍かどうかと自店舗の在庫状況で査定額が上下します。

 この基準を記憶しておく必要があります。

つまり強引にどちらに売るかを分けるとすると、

  • ベストセラー期間が短い本は、古本として供給過多の可能性があるのでネット系に売る
  • ベストセラー期間が長い本は、古本としても需要があるので街角本屋さんに売る

となります。

本を買い取って貰う前の事前作業

 表紙カバーや天(あたま:本の上部)をキレイにする。ホコリが積もったままにしないこと。 歪みがあれば、重しを載せておくなどして歪みを直す。 消しゴムで黒ずみを消す。など。

査定に関係がない都市伝説

帯付き:多くの買取業者曰く帯の有無は査定額には関係ない。(帯付きの古本は丁寧に扱われていることが多く、きれいな本であることが多いため高価査定になるが、帯付きが理由ではないとのこと。)

はがき付き:はがきやフライヤー(チラシ)的なものも、査定額には影響なし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする